一人の魔女が「魔法」を奪われ始まる物語。

この世界の成り立ちを支える四魔女ってのが居てな

その中の一人が二つ分かれの世界の神に魔法を奪われちまった

魔法を使えねぇ魔女なんざ・・・くっく・・・お笑い種だろう?

噂じゃ十二魔支神・・・一柱目のネズミに呪われたって話だが・・・

まぁ・・・そんな事より何か買ってってくれよ!

品物を買ってくれりゃその度に話を聞かせてやるからよ

 

一人の魔女が「魔法」を奪われ始まる物語。

この世界の成り立ちを支える四魔女ってのが居てな

その中の一人が二つ分かれの世界の神に魔法を奪われちまった

魔法を使えねぇ魔女なんざ・・・くっく・・・お笑い種だろう?

噂じゃ十二魔支神・・・一柱目のネズミに呪われたって話だが・・・

まぁ・・・そんな事より何か買ってってくれよ!

品物を買ってくれりゃその度に話を聞かせてやるからよ

 

一人の魔女が「魔法」を奪われ始まる物語。

この世界の成り立ちを支える四魔女ってのが居てな

その中の一人が二つ分かれの世界の神に魔法を奪われちまった

魔法を使えねぇ魔女なんざ・・・くっく・・・お笑い種だろう?

噂じゃ十二魔支神・・・一柱目のネズミに呪われたって話だが・・・

まぁ・・・そんな事より何か買ってってくれよ!

品物を買ってくれりゃその度に話を聞かせてやるからよ

 

 

も  

貴方笑顔なれば

 

も  

貴方笑顔なれば

 

も  

貴方笑顔なれば

ベルナデッタ オクタヴィア

「十二たる魔支神」の第一柱である鼠神ミツキによって 魔法を封じる呪いをかけられてしまった魔女。

変質した右腕が放出直前の魔力を吸いあげ、金属に変えてしまう

この呪いを解くため、二つ分かれの世界の真裏側に旅立つことになる。

 

ベルナデッタ オクタヴィア

「十二たる魔支神」の第一柱である鼠神ミツキによって 魔法を封じる呪いをかけられてしまった魔女。

変質した右腕が放出直前の魔力を吸いあげ、金属に変えてしまう

この呪いを解くため、二つ分かれの世界の真裏側に旅立つことになる。

 

ベルナデッタ オクタヴィア

「十二たる魔支神」の第一柱である鼠神ミツキによって 魔法を封じる呪いをかけられてしまった魔女。

変質した右腕が放出直前の魔力を吸いあげ、金属に変えてしまう

この呪いを解くため、二つ分かれの世界の真裏側に旅立つことになる。

 

十二たる魔支神

創造神によって競い合わせられ選ばれた12の魔の元を司る禍神たち。

其々が魔法の元流ともいうべき力を持つが、悪や善といった概念はない。

十二選にもれた13番目のイタチたちは地に降り、真っ当な営みを続け

猫だけは鼠神への恨みを持ち続け、そのまま半魔になってしまった。

*それぞれの神名

子:ミツキ 丑:カゴヌケ 寅:シジマロ
卯:トカク 辰:テンセイ 巳:ホオズキ
午姉:キジョーバシン 午弟:キジョーキバリ
未:イッピキ 申:キカイワミ 酉:ケイグン
戌:ビワンチ 亥:モウシン

鼬:イキタチ(仔を残し死亡)
猫:カブリ(第十三魔支神と名乗る猫髑髏)

十二たる魔支神

創造神によって競い合わせられ選ばれた12の魔の元を司る禍神たち。

其々が魔法の元流ともいうべき力を持つが、悪や善といった概念はない。

十二選にもれた13番目のイタチたちは地に降り、真っ当な営みを続け

猫だけは鼠神への恨みを持ち続け、そのまま半魔になってしまった。

*それぞれの神名

子:ミツキ 丑:カゴヌケ 寅:シジマロ
卯:トカク 辰:テンセイ 巳:ホオズキ
午姉:キジョーバシン 午弟:キジョーキバリ
未:イッピキ 申:キカイワミ 酉:ケイグン
戌:ビワンチ 亥:モウシン

鼬:イキタチ(仔を残し死亡)
猫:カブリ(第十三魔支神と名乗る猫髑髏)

十二たる魔支神

創造神によって競い合わせられ選ばれた12の魔の元を司る禍神たち。

其々が魔法の元流ともいうべき力を持つが、悪や善といった概念はない。

十二選にもれた13番目のイタチたちは地に降り、真っ当な営みを続け

猫だけは鼠神への恨みを持ち続け、そのまま半魔になってしまった。

*それぞれの神名

子:ミツキ 丑:カゴヌケ 寅:シジマロ
卯:トカク 辰:テンセイ 巳:ホオズキ
午姉:キジョーバシン 午弟:キジョーキバリ
未:イッピキ 申:キカイワミ 酉:ケイグン
戌:ビワンチ 亥:モウシン

鼬:イキタチ(仔を残し死亡)
猫:カブリ(第十三魔支神と名乗る猫髑髏)

語り部と助くるものたち

ベルナデッタの旅の先々で出会う人々。

ある者は指標、ある者は苦言、ある者は慈しみを以って彼女の旅を彩る。

語り部と助くるものたち

ベルナデッタの旅の先々で出会う人々。

ある者は指標、ある者は苦言、ある者は慈しみを以って彼女の旅を彩る。

語り部と助くるものたち

ベルナデッタの旅の先々で出会う人々。

ある者は指標、ある者は苦言、ある者は慈しみを以って彼女の旅を彩る。

世界の住人たち

神が十二の魔支神を選んでから幾許の年月が流れただろうか。

人と獣はその境界を緩め、人の形を保ちながら

ユニコニアやビストレといった数多の種族が生まれた。

十二選にもれた13番目のイタチは子孫を残し

イキタチ族は数を増やした。

カブリ族もその例外に非ず、魔力の強い種となった。

いきとし生けるすべての種族は

四魔女の織り成す輪廻の中でその魂をまわし続けた。

 

世界の住人たち

神が十二の魔支神を選んでから幾許の年月が流れただろうか。

人と獣はその境界を緩め、人の形を保ちながら

ユニコニアやビストレといった数多の種族が生まれた。

十二選にもれた13番目のイタチは子孫を残し

イキタチ族は数を増やした。

カブリ族もその例外に非ず、魔力の強い種となった。

いきとし生けるすべての種族は

四魔女の織り成す輪廻の中でその魂をまわし続けた。

 

世界の住人たち

神が十二の魔支神を選んでから幾許の年月が流れただろうか。

人と獣はその境界を緩め、人の形を保ちながら

ユニコニアやビストレといった数多の種族が生まれた。

十二選にもれた13番目のイタチは子孫を残し

イキタチ族は数を増やした。

カブリ族もその例外に非ず、魔力の強い種となった。

いきとし生けるすべての種族は

四魔女の織り成す輪廻の中でその魂をまわし続けた。

 

荒ぶる者ども

歪んだ魔の流れはその生命そのものを劇的に豹変させてしまう。

巨大な体と知能を手にいれた蟲族、草食であったはずの卯族。

龍族は人より遥かに高度だった知性を棄て、種族源語も忘れ猛り狂った。

幾つもの命を飲み込んで数多の種が滅ぶのを、何も感ぜぬその目で眺めるのだ。

荒ぶる者ども

歪んだ魔の流れはその生命そのものを劇的に豹変させてしまう。

巨大な体と知能を手にいれた蟲族、草食であったはずの卯族。

龍族は人より遥かに高度だった知性を棄て、種族源語も忘れ猛り狂った。

幾つもの命を飲み込んで数多の種が滅ぶのを、何も感ぜぬその目で眺めるのだ。

荒ぶる者ども

歪んだ魔の流れはその生命そのものを劇的に豹変させてしまう。

巨大な体と知能を手にいれた蟲族、草食であったはずの卯族。

龍族は人より遥かに高度だった知性を棄て、種族源語も忘れ猛り狂った。

幾つもの命を飲み込んで数多の種が滅ぶのを、何も感ぜぬその目で眺めるのだ。